長野県長野市議会議員会派改革ながの市民ネット公式サイト
twitter-kaikakunagan

Archive for 10月, 2018

素晴らしい秋空となった28日、「布目市議を囲んで…第13回マレットゴルフ交流会」を催していただきました。 私の後援会と実行委員会の主催による...
深まる秋…安茂里の冬の風物詩の一つとなったイルミネーション点灯式が27日、安茂里支所前広場で行われました。 今年は、加藤市長が初めて参加しま...
長野市消防局では、救急の搬送ミスや救急車搭載の薬剤の期限切れ問題が、マスコミへの匿名投稿により発覚する中、「ミス公表の考え方」を9月中にまと...

この10月から、長野市議会にタブレットを導入し、ペーパーレス会議を実施しています。昨日の経済文教委員会協議会、本日の農林業振興対策特別委員会と、慣れない方にとっては難しい面もあったようですし、システム自体に効率的な運営のための多少の課題はありますが、導入したからには、議会活性化・議会費節約の一助になればと思います。

私は32年前、18歳で記憶媒体がカセットテープだった中古PCを購入してプログラミングに挑戦したことがありますが、日進月歩(分進時歩?)のIT技術の進歩には目を見張り、今現在は、ついて行けているか心配しているところです(^^ゞ。

政治家にとって一番大切なのは、信念や志といった「中身」ですが、スキルもあるに越したことはありません。PC初期世代として、時代の変化に対応しつつ、「人類の普遍的価値」・幸せの実現に力を尽くしてまいります(^^)v。

追伸 信濃毎日新聞の報道で、私が12月定例会後に辞職する意向と報道されましたが、私としては、現在、31年度の予算要望書を作成中であることから、31年3月定例会において、来年度予算の方針を聞くまでは市議会議員の職に残りたいと思っています。また、それまでの間、長野市議会議員として、皆さんのご意見・ご要望を積極的に伺い、実現に向けて力を尽くしてまいる所存です(^^)v。

タブレット

21日朝、地元安茂里小市でボランティアで参加している犀沢橋公園通りを愛する会の公園清掃と手入れ。 今年最後の例会で、草刈を行い、チューリップ...
油圧機器メーカーKYB(本社・東京都)が16日、地震の揺れを抑える免震用と制振用の装置=オイルダンパーの性能検査データを改ざんし、納品してい...
安倍内閣が10月15日、来年10月1日から消費税率を10%に引き上げる閣議決定しました。 社民党は幹事長名で消費税率の引き上げに反対する談話...

信毎記事県議選出馬表明記事

10月14日付の信濃毎日新聞2面に、県議選出馬の意向がある旨、掲載されました。

平成22年7月16日の豪雨により、信更町を中心に甚大な被害が生じましたが、信更町には県議はおろか市議すらいないため、地元の方から隣接地区の私に何とかしてほしいとお声がかかり現場をご案内いただきました。

山が崩れ、大量の土砂と大きな流木で田が埋まってしまうような甚大な被害で、言葉を失うほどの衝撃を受けました。それほどの状況なのに、面識のない私に助けを求めるしかない地元の方の心中はいかばかりか・・・。すぐに、鷲澤市長にアポを取り、現場の写真をお見せし、被害の大きさと、復旧の負担金が20%では耕作放棄せざるを得ない可能性が高いため、5%負担での復旧を要望し、9月定例会の質問でも取り上げ、5%負担での復旧を決断していただきました。ルール作りにも言及したため、現在は10%負担を原則としていただいています。

この時つくづく思ったのは、地元に市民の代弁者である議員がいることが、いかに重要かということです。行政は公平性を重視しますが、声のない所には予算はつきません。地元の声があり、地元議員の後押しあってこそ、難しい案件も進んでいくことを実感しています。

4万2千人の人口を誇る、長野県内最大地区の篠ノ井には30年近く県議がいません。長野市南部としても、かなり少ないのが現状です。市町村の要望なら、市町村長がすれば通りますが、市町村内の一地区の要望は、地域の声を代弁する議員が伝えなければ届かないのが実情です。

地元の声を県政に届け、市民の皆さん、特に子ども達が安全で幸せに生きていける社会を創るべく、政治生命をかけてチャレンジすることを決意いたしました。

全力で頑張ってまいりますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

14日、冴えわたる秋空の下、安茂里老人福祉センター(かがやきひろば安茂里)主催のセンターまつり2018が安茂里公民館で催されました。 館内で...
14日、冴えわたる秋空の下、安茂里老人福祉センター(かがやきひろば安茂里)主催のセンターまつり2018が安茂里公民館で催されました。 館内で...
注:ブログ記事は、必ずしも会派を代表する意見ではありません。