長野県長野市議会議員会派改革ながの市民ネット公式サイト
twitter-kaikakunagan

Archive for 6月, 2018

長野市議会ではこれまで、開かれた議会を目指す議会活性化の一環として、「議会の見える化」を図るため、本会議の様子 […]
長野市教育委員会は6月26日、市立小中学校の危険なブロック塀の点検調査の結果、7校9か所にブロック塀が確認され […]
6月23日、沖縄慰霊の日。 摩文仁の丘で営まれた沖縄全戦没者追悼式。 沖縄県浦添市立港川中学校3年生・相良倫子 […]
6月市議会定例会は22日、総額2億2,530万円を追加するH30年度一般会計補正予算案をはじめ市側が提出した全 […]
「少子人口減少社会が進展する中で、少子化に対応した子どもにとって望ましい教育環境の在り方」について諮問を受けて […]
昨日夜、在京の娘たちから「父の日」のカードとプレゼントが届きました。 カードは「キャンプバージョン」です。 メ […]
6月18日朝、大阪で震度6弱の地震。通学通勤途上を襲った地震で3人が死亡、151人が怪我と伝えられています(1 […]
17日、第17回長野市甚句・音頭交流会が大豆島総合市民センターで催され、地域に伝承される甚句や音頭の保存・継承 […]
4月から月額2,000円の利用者負担が導入された放課後子ども総合プラン…このほどH30年度の利用登録状況が公表 […]

内容は、

(1) 組織改編と名称変更の影響について
(2) 現地調査の秋実施の効果検証について
(3) 農業振興地域除外の個別対応について
(4) ふれあい会食の単価について
(5) 胃がんリスク層別化検査について

です。

皆さんからいただいたご意見・ご提案・ご要望を基に質問した案件が多かったのですが、(5)の胃がんリスク層別化検査については、近年、取り入れている自治体が増えていることから、3年前に北澤議員が質問した案件でしたが、そろそろ長野市でも、と思い、提案しました。

胃がんリスク層別化検査は、まずは血液検査のみで済むため、今までのバリウムを飲んでのX線検査より負担が大幅に少ないため、受診しやすい検査方法です。しかも、平成26年度から本格実施した町田市の事例では、それまでのX線検査の時、年間3000人前後だった受診者が、平成26年度は23,628人、平成27年度は14,603人と、2年間で約4万人が受診し、受診者が5~8倍、胃がんの発見は10倍以上、胃がん発見率が0.52%と、従来のX線検査の4倍となり、胃がん発見者1人当たりの検診コストが90万7千円と、5分の1になったとのことです。

受診者の負担が少なく・胃がん発見数が10倍以上・発見率が4倍・発見者一人当たりの経費が5分の1!

市民の健康と命を守るため、長野市においても取り入れるべきと考えます。質問の様子は↓をご覧ください。

http://www.nagano-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=gikai_result&gikai_day_id=85&category_id=3&inquiry_id=2311

注:ブログ記事は、必ずしも会派を代表する意見ではありません。