長野県長野市議会議員会派改革ながの市民ネット公式サイト
twitter-kaikakunagan

Archive for 10月, 2012

10月22日(月)、改革ながのとして、鷲澤市長に平成25年度の予算編成・施策に対する要望書を提出しました。

予算要望書の提出は、それぞれの会派が、次年度の予算編成・施策の実施につき市長に要望する重要な場面です。来年度に向けて176項目の要望を提出しました。

幹事長として、特に重点とする施策につき説明しました。

説明後、自由討議となりました。松木議員が放射能測定器設置について口火を切ってくれましたので、私も、消費者庁から貸与された検査機器が週2日しか稼働しない予定である「あり得ない」状況を説明し、せめて週5日は検査すべきと述べました。

市長・副市長、4回目の応募でようやく貸与された機器を週2日しか使わない予定であることが信じられず、「確認してからお返事します」ということになりました。(確かに信じがたい事態ですが、本当です。)

子ども達の安全のため、きちんと検査を行い、更に精密なゲルマニウム半導体検出器の購入も、求め続けてまいります(^-^)。

10月22日、鷲澤長野市長に、平成25年度の予算編成・重要施策に対する「改革ながの」としての
要望書を提出しました。

 

 

 

 

平成25年度予算編成・施策に対する要望書提出

平成25年度予算編成・施策に対する要望書提出

改革ながのがまとめた、来年度に向けた要望書を長野市長に提出。その後、懇談し、176項目の要望事項の実現について、市長に直接、提言・要望いたしました。
要望書は、こちらからダウンロードできます。

http://kaikaku.nagano-now.jp/wp-content/uploads/H25youbousho.pdf

遅くなりましたが、長野市議会9月定例会に上程された、議案第101号、長沼小学校の工事変更請負契約締結について、会派として「反対するはめになった」ことにつき、ご報告します。

長野市では、小中学校の耐震化工事を順次進めていますが、今回、長沼小学校の耐震化工事につき、元々の工事に「手抜き工事」と思われる不具合があったため、それも含めて改修するため873万円の増額が必要になったことから、増額補正が議会にかけられました。所管の経済文教委員会において、以前にもアスベストの除去に関して増額があったのに、今回も更なる増額となるのは如何か、との疑問の声もあがりましたが、子ども達の安全のため、全会一致で可決し本会議に送ることになりました。

ところが・・・

その後、そもそもの建築時に「手抜き工事」と思われる工事をした事業者が、今回の改修工事を請け負った事業者であることが判明し、自身の「手抜き工事」部分を改修するためには増額が必要だからと増額を求めている事態が発覚し、当然のことながら「ふざけるな」と経済文教委員会では、説明を求めるべく、採決が終わったにも関わらず委員会を開催するという異常事態に発展しました。

その委員会、私も傍聴していましたが、「盗人に追い銭」とも言われかねない事態に、委員の多くは怒りの声をあげていました。当局の説明も、思いは同じなはずなのに、建築後31年が経過しているため瑕疵担保責任等は時効のため「法律上は責任を追及出来ない」と事業者を「かばっている」ように聞こえる弁明を「最初に」したため紛糾した委員会になりました。

その事業者の責任は当然追及すべきではありますが、そうは言っても、まずは子ども達の安全のため、改修工事を進めるべきなので、責任追及は今後のこととして、本会議では賛成することに会派として決めました。しかしながら、今後につなげていくためにも、この10月から経済文教委員になる松木茂盛議員に、経文における経緯を全議員の前で明らかにするため、委員長報告に対する「質疑」を行っていただき、その答弁を聞いた上で鉾を収める予定でしたが…。

またまた、ところが…、です。

中野委員長に答弁いただきましたが、委員でなく、傍聴していたに過ぎない私ですら不十分な答弁としか言いようのない答弁に終始し、納得できる答弁がないまま、議長によって質疑が打ち切られ、採決となりました。我が改革ながのとしては、賛成する予定でしたが、あまりのことに、皆、挙手出来ない状況になり、反対するはめになってしまいました。

この案件、我が改革ながのの塩入議員や他の方が気付き追求しなければ、当たり前に議会を通ってしまった案件です。地方の時代と言われて久しいですが、それを実現するためにも、議員の質の向上が重要だと再認識させられる事態であり、我が改革ながのは、優秀な人材が集まっている貴重な存在であることを再認識した事例でした。

この案件に関しては、当該事業者の今後の対応を見守っていきたいと思います。私としては、地元事業者の倒産は望んでいませんが、「手抜き工事」を「あり」とする事業者がいるとすれば、そんな業者には本市の工事を請け負わせるわけにはいきません。誠意を持った対応を、心から期待しています(^-^)。

長野市政、問題山積です。だからこそ、やりがいに満ちているとも言えますので、今後とも、頑張ってまいります(^^)v。

「平成25年度予算編成・施策に対する要望書」検討風景

「平成25年度予算編成・施策に対する要望書」検討風景

市長あて提出するために、会派所属議員が意見をもちより、作成中です。

 

次の事案について、改革ながのから長野市行政あてに説明を求め、聴取により調査しました。

・長沼小学校校舎耐震補強工事に関する調査について
・(仮称)第四学校給食センター建設事業について

改革ながのほかの会派に対し、市から次の事項について協議・報告がありました。

・公の施設の指定管理者候補団体の決定及び平成23年度モニタリング評価結果について

・新第一庁舎・新市民会館の工事発注方法について

・平成25年予算編成方針について

・長野市公立保育所の適正規模及び民営化等基本計画(素案)について

・中央消防署東部分署の開署及び七二会分署の高規格救急車運用開始について

注:ブログ記事は、必ずしも会派を代表する意見ではありません。